購入してすぐにiPhone修理が必要になった!

修理が必要になった原因は?

購入してすぐにiPhoneが故障した場合、途方に暮れても不思議ではありません。ただ、その時に仕方がないと割り切るのか否かを判断しなければいけません。例えば、コンクリートの上に落として故障してしまったり、お風呂に水没させて動かなくなったという場合は仕方ないと思って修理屋に命運を託すしかありません。
しかし、何も落としてない、水没もしていないという状況で突然動かなくなったのであれば不良品の可能性が浮上してきます。iPhoneは機械なので、ほとんど優良で問題無く使用できますが稀に問題のある製品もあります。その場合は修理屋に直接依頼するというより、購入した店舗と相談して返品なり交換の手続きを進めることになります。

なるべくiPhoneを刺激しない

落下や水没で早々に修理が必要となってしまった場合は、なるべくそのiPhoneを刺激することなく修理店に持っていきます。例えば一度落下させてヒビが入った場合、むやみに触ると致命的なダメージを与えてしまうこともありますし再び落下すると非常に危険です。水没した時も、なるべく動かさずに風通しの良い場所で乾燥させます。思い切り振って水滴を飛ばそうとすると、内部の他の部分も濡れてしまう可能性があるからです。
修理店に持って行った時は、まず状況をしっかり説明します。動かなくなった理由やその後の状況を伝えると、修理のイメージが湧いてくるからです。修理によって直るか直らないかか完全に状況次第ですが、軽微なものであれば直る確率が高いです。

iphone6sの修理とは、業者の方で液晶画面のヒビ、水没、電池の減り、ホームボタンなどの修理を行うことを言います。