急なiPhone修理が必要になった時どうしますか?

まずはデータのバックアップを!

まず急にiPhone修理が必要になったら、ご自身のiTunesやiPhoneのiCloudにiPhoneのデータをバックアップする必要があります。iPhoneの修理の仕方は一部の例外を除いて、ほとんど新品との交換です。したがって、バックアップしなければ、最後にバックアップした日以降のデータは全て消えてしまいます。次にどちらの方法でバックアップするかですが、できればiTunesとiCloud両方にバックアップした方が、万が一の破損などでデータが失うリスクを減らせます。
手間はかかりますが、写真や音楽などの思い出が消える。もしくは、また一から作り直すかを考えたら、どんなに急いでいてもバックアップした方がいいでしょう。

そのあとにネットで情報収集を!

バックアップ作成には時間がかかるので、その間に近くにiPhone修理店がないか探します。もし近くにiPhone修理店があれば、電話で予約し、在庫があるか確認しましょう。意外とiPhoneの在庫がその日なかったというケースがあります。行く前に聞いた方がいいでしょう。在庫があることを確認したら、バックアップが完了し、iPhoneを探すがオフになっていることを確認してからiPhone修理店に行きます。特に問題がなければ、数時間ほどで修理できます。後はiTunesで復元すれば、元どおりになりますが、急いでいる場合は、icloudで復元しても問題ないでしょう。
以上で急にiPhone修理が必要になったらどうするかを書きましたが、今の技術では、数分で元どおりはまだ不可能でしょう。現時点では、これが最短かつ効率の良いやり方だと考えられます。この記事が参考になれば幸いです。

iphone5sの修理は故障の状態によって、数週間待つ必要もなく即日での修理対応も可能となっています。